金融業者への過払い請求を確実にする方法

###Site Name###

金融業者からの借金の返金で、返しすぎてしまった分を過払い金と言います。

そして、これは請求することで戻ってきます。

しかし、手続きが必要ですので、しっかりと押さえておくことが必要です。
まず、そもそも過払い金があるのかが分からなければ返金手続きも出来ないので、金額を算出します。
計算ソフトを使って自分で行う方法、弁護士などの専門家に委託する方法の2種類があります。

専門家に委託せずに進めることも可能ですが、場合にはこれ以降の一連の作業をご自身で行うことになります。

ここまでの時点で過払い金が発生することが確実であれば、具体的に請求の手順に入っていきます。

セゾンの過払いについて知りたいならこのサイトです。

専門家に任せる場合には、ここで専門化が金融業者に受任通知というものを送り、専門家が介在して請求を進めていくことを伝えます。

信頼性の高いwikipediaを調べるならこのサイトです。

次に、具体的な金額を算出するために、業者から取引履歴を送ってもらいます。



これをもとに法定金利の上限で計算し、金額がいくらになるのかを算出します。

ただ、取引履歴を入手するまでに数ヶ月必要な場合もあります。


金額が確定したところで、専門家から金融業者に過払い金返還請求書が送付され、返金手続きに応じればお金が振り込まれます。

しかし、業者によっては返金手続きに応じない場合があります。

その場合には返還のために訴訟を起こす必要が発生します。ここで注意が必要なことは、140万円以上の金額の場合には司法書士では扱えない案件となるので、弁護士に委託する必要が出てくるということです。